MAY24
May24
MAY24の最新日記
Categories
Archives
Search Diary.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


by スポンサードリンク | - | | トップへ戻る |

Mush upその1

マッシュアップとかあんまり作ったことないのですがいくつか遊びで作ったやつがあるのでそれをサンクラにアップしました。

これはBONNIE PINKとTommy february6がそれぞれ同じ時期にたまたま「I'm in the mood for dancing」をカバーしていたのですが、
(しかも二人とも京都出身!)
それを一つに繋いで、四つ打ちにしたものです。(そしてわたくしも京都出身!)

あ、ノーランズの「ダンシングシスター」と言った方がわかりやすいですかね。

途中同時に歌っている部分も作ってみました。
そこまでガッツリ作り込むのはめんどくさかったのでさらっと終わりますが、、

 



Winkも昔にアルバムでこの曲を日本語カバーしているので、なんならそれも混ぜようかなと一瞬思いましたが、やめました笑

 

 


by めい | J-Remix | 19:05 | トップへ戻る |

Freeway (MAKAI Remix)


Freeway (MAKAI remix) / Remark Spirits
from 「Freeway」 (2007)

1singer+2MCによるユニット・Remark SpiritsのMAKAI Remixです。
ちょいゆったりめのスムースなHOUSEになっております。

これねーで出しの音がちょっとPeppermintチックなの(笑)
あ、Peppermintってのは最近あちこちのインタビューで名前出してるんですけど、僕が敬愛するドイツのレーベル“Peppermint Jam”のことです。
全体的にベースラインやギターのカッティングやブラス使いが往年のGTSを思わせる感じですけど、なかなか絶妙な仕上がり。けっこう芸が細かい感じ(笑)

あえて難をあげるなら、原曲にあるサビのコーラスの一番上のラインがRemixでは消されているんだけど(薄く残ってはいる)、それをなくさないで欲しかったかも。。主旋律的なラインがなくなっているので聴いていてなんかすっきりしない感じ。。。まぁあえて意図的に消したんだとは思いますケド。

数あるMAKAI作品の中ではこれは僕的にかなり高位置にあります。
思うに、MAKAI作品はオリジナルよりRemixの方がいい気がする。。。(ぼそ)

同EPには別曲のSound AroundによるRemixも収録されていましたが、そちらはかなりダウンテンポな感じなので実用には向かないかもしれません。まぁキラキラな感じでした(笑)

9月にリリースされる彼らの1stアルバムにもこのMAKAI Remixは収録されるみたいなので、気になる人はそちらでチェックしてみてくださーい。


1st Album「Remark Spirits」
2008年9月10日発売
3,000yen/RZCD-46022
(rhythm zone)


by めい | J-Remix | 23:15 | トップへ戻る |

たぞがれマイ・ラヴ


たそがれマイ・ラヴ / 知念里奈
from 「DANCE WITH YOU」 (1997)


阿久悠のトリビュートとしてエイベックスとビジョンファクトリー(当時・ライジング)によってリリースされた企画アルバム。

阿久悠が作詞した昭和の名曲がダンスナンバーになってMAX、SPEEDなどを筆頭にビジョンファクトリーの面々が歌い上げています。(安室ちゃんは不参加)
ほとんどの曲がユーロビートなのですが、知念里奈が歌うこの曲だけが、普通のハウスなんです。
まぁハウスと言っても時代を感じさせるアレンジではありますが。

大橋純子の原曲は知らないんですけど、知念里奈の伸びやかなボーカルが映える仕上がりになってます。

知念里奈自身の曲ではあまりこういった四つ打ちの曲が少なくて、やや試行錯誤を重ねた末に迷走していた感があったので、この曲は企画物にしておくにはもったいないくらい秀逸だと思います。
知念里奈って自分の持ち歌より、ヒッパレとかで他人の曲を歌ってる方がなぜか映える人でしたね。

イントロはスキャットマンジョンなのか謎。


by めい | J-Remix | 02:55 | トップへ戻る |

Rise&Fall


Rise&Fall (King Of Soul Remix) / Craig David
(2003)


泣く子も黙るCraig David!Japaneseじゃないですけどね。
2stepの貴公子として鮮烈なデビューを飾ったCraigの2ndアルバムに収録されたStingとのコラボ曲です。
名曲のおなじみギターのフレーズをモチーフにしてCraigが新たに書き下ろした曲をStingと一緒に歌っています。

このRemixはのちにリカットされたシングルに収録されています。MJ COLEによるRemix(2stepではなくハウス)も収録されてますが、僕はこちらの方が断然好きです。

オリジナルのギターのリフはまったく出てきませんが、イントロのギターのカッティングで秒殺されちゃう系です。全体的に非常に無駄のないスムースなボーカルハウスに仕上がっております。R&B系のハウスRemixってシンプルに聴かせるものが多いですね。でも綺麗にまとまるわけではなく、やっぱりそこにグルーヴがあるんですよね。そこがやっぱり日本人と違ってすごいと思います。

マキシシングルは国内盤も発売されているのでぜひ探してみてください。


Album「SLICKER THAN YOUR AVERAGE」

by めい | J-Remix | 01:53 | トップへ戻る |

Perfume


Perfume / 名取香り
(2006)  

時期的にPerfumeのニューアルバムかと思わせて残念ながらそうではないです。

名取香りの1stアルバム。
「Player」「Darling」あたりのシングルがハウスだったので、当時は新しいハウスディーバの登場かと思ったけど、アルバム聴く限りそういうわけでもなかったようです。。

そもそも日本にハウスディーバっていんの??AKとかTomomi Ukumoriあたり??
意外とハウスにこだわっているソロシンガーってまだいないよね。やはりLori Fineの一人勝ちか……LoriはCOLDFEETだしなぁ…
う〜〜んこの人も時代がほんのちょっと早かったのかなあ?(上のシングルが2005年リリース)いまならもっと注目されてもいいと思うんだけど……

なので2006年にリリースされたこの1stアルバムは結果的にハウスにとどまらずR&Bからバラードまで楽曲の幅広さをアピール。なんかそれがかえってつまらなくしている感じもするんですけどね。あくまで個人的感想です。
Nao ymtとかも参加していて、1曲1曲はいいんだけど、アルバムとしてはもう少しハウス的アプローチを期待してました。

特に「Player」が秀逸な曲過ぎたので。
作詞は本人、作曲とアレンジはそれぞれ別々の人なんだけど、三者がすごくうまくマッチしていて、ひとつになれてる気がします。これぞ職人芸ですね。

クラブ系の曲ってだいたい作曲とアレンジは同じ人が手がけるのが多いと思うんですけど、まぁそれがいちばんやりやすいと思うし、自分以外の人が作った曲をアレンジだけ手がけるのってけっこう難しい気がするんですよね。僕は少なくともニガテ。
Remixもいわゆるそれと同じだと思うけど、RemixはどちらかというとRemixer側に委ねられるのに対して、アレンジは作曲者や歌い手を無視してできないですからね〜。
職人というよりはアーティスト気質な自分には合わない作業ですね。

んでこの「Player」はラテンハウスな味付けなんだけども、クラブ過ぎず、ポップ過ぎず、絶妙なバランスで出来上がってる曲だと思います。FreeTEMPOやJazztronikあたりが好きな人ならツボなんじゃないかな?
アレンジを手がけている松井寛氏はけっこう古くから活躍されているベテラン作曲・編曲家のかたですが、このテのハウスアレンジがうまかったりする。バックグラウンドを知らないのでそのへんが気になるところですが。。

「Darling」や「ROMEO」より「Player」がいちばん完成度が高いと思いますね。やはりメロディメーカーによるところが大きいのかな?

ただ、フェイドアウトがかなり無理矢理な感じがして残念です。おそらく本来は最後までちゃんとあったんだろうな…


WISEやNao ymt(女の人と勝手に思ってたら男だったのね)参加の曲はわりと本格的な和製R&Bだけど、ハウス系楽曲と対象的過ぎて、同じアルバムに共存するのはちょっと違和感。

個人的にはハウス楽曲の方が断然好きですが、彼女のボーカルはRB系の方が合ってる気がしなくもなかったり……

ハウスじゃないけど「Goodbye feat.Nao ymt」なんかはすごく好きです。こないだ書いたDown 2 Earthに曲の雰囲気とかがすごく近いです。

しかもNao ymtさんて歌うんですね。それがまためっちゃ甘いボーカルで耳にスッとなじむ感じです。Craig DavidとかR KellyとかR&Bは基本男性ボーカルものが好きなんですけど、この人の声はかなり好きです。

でもってこの人の作る音って、安室ちゃんのときに思ったけど、なんかシンプルで無駄がなくてスキがない感じ。歌まで歌えちゃうなんてスゴイですね。

でも耳に飛び込む印象としては「Player」のインパクトとかの方がやっぱり強いかなあ。RB一色だと目新しさもないしねぇ。雰囲気やポジション的にSoweluあたりとかぶる気も。

「Lovespace」でFreeTEMPO Remixがあるあたり、ハウス寄りでいきたいのかな??

次回ハウスでいく際はCeiling Touchプロデュースでいかがでしょう??(笑)

いい歌書きますよ(^o^)


※ラストに入っている「Reprise Goodbye」は同曲を部屋で聴きながら曲の自分の声に合わせてかなーりアンニュイに名取香りが口ずさんでいるときに携帯がかかってきて、恋人との会話をけだる〜〜く繰り広げるという1分程度のinterludeです。

隠し撮りっぽくてやけに生々しいです。。

by めい | J-Remix | 03:39 | トップへ戻る |

Every night, Every time


Every night, Every time [Groove That Soul Mix] / STEEL
Remixed by GTS

(2002)


男性二人組つながりで、そういえばこんなユニットあったなぁというのを。
CHEMISTRYを輩出したASAYANオーディション出身のネスミス君と柏原崇の弟でもある柏原収史によるユニットのアルバムに収録された同名シングルのRemixです。

ネスミス君は最近再結成?したJ Soul Brothersのメインボーカルみたいになってましたね。CHEMISTRYとEXILE&ネスミス君の構図ができあがりました。

まぁそんなことはわりとどうでもいいんですけど(どっちかというとCHEMISTRYが好きです)、これは原曲もわりとダンサブルな曲だったのをさらにちゃんとしたハウスにしたという感じです。けっこう激しめ路線ですけどね。Groove That Soul Mixもたまにこういうのがあります。

なんとなくネタ的にひっぱってきたんですけど、曲自体はわりと普通のJ-POPで、ネスミス君のボーカルもいわゆるバンドっぽいボーカルなので、ビジュアルがおもいっきり黒人なのに、びっくりするくらい甘いボーカルです。日本人らしい甘さです。
彼の声がハウスのバッキングに合ってるのかは若干“?”ではありますが、なんとこれに加えてMALAWI ROCKS Remixまで収録されているという根拠のわからない豪華さ。

もともとクラブ寄りのアプローチはまったく感じられないユニットでしたが、果たしてこのアルバムを買った何人の人が、GTSとMALAWI ROCKSのRemixなんて豪華〜〜♪と思ったのかはまったくもって謎です。

興味ある人は聴いてみてください。




by めい | J-Remix | 03:22 | トップへ戻る |

Be Mine


Be Mine [ORIENTA-RHYTHM“SIGMA”MIX] / Down 2 Earth 
Remixed by ORIENTA RHYTHM
from 「Be Mine」 (2002)

こないだORIENTA RHYTHMについて書いたので、今日も同じ人のをひっぱってきました。
これはどちらかというとオリジナルアーティストのDown 2 Earthにとても思い入れがあるのですが、ボーカルとベースの2人組R&Bユニットです。
m-floなどでおなじみのアーティマージュ所属(当時)でプロデュースはRyuichiro Yamaki氏が手がけております。

このYamakiさんてのがすごく好きだったんですけど、日本のR&Bシーンで知る人ぞ知るプロデューサーだと思います。
EXILEやLISA、倖田來未などけっこういろんな人を手がけていたりしますが、あまり前面に出てこない人みたいなので、名前を聞いてもピンと来ない人が多いかもしれませんが、耳にしたことがある曲とかはあると思います。
このDown 2 EarthはYamakiさんの秘蔵っ子的プロジェクトで上質なR&B作品をけっこう作っていたのですが、アーティマージュレーベルから出た1stミニアルバムだけで残念ながら解散してしまったので今は幻のユニットになってしまいました。

なんか、タイミングとかってのもあるのかもしれないけど、今だったらこういうスタイルのユニットとかってけっこう受け入れられると思うんですけど、ちょっと時代が早すぎたのかもしれないですね。結局1stアルバムだけで終わってしまって、すごくもったいないなぁと思います。Ceiling Touchも4、5年前だったらダメだったかもしれません。まさに今の時代だからいいのかもしれないですね。ほんと、時代の流れってよくわかんないです。また復活してくれないかなぁとひそかに期待してたりします。

ボーカルHirokiさんの繊細でセクシーなボーカルがめちゃくちゃ好きで、日本人の男性シンガーではピカイチだと思ってます。声がいいんすよ声が。平井堅でもなくてRyoheiでもなくて、Hirokiさんなんだよなぁぁぁ。
当時二子玉川のPink Noiseで毎月ライブがあったのでそれに通っていたこともあります(笑)Ryohei氏もよく出ていました。Pink Noiseってアーティマージュ系のイベント今もやってるよね?

そこでYamakiさんやDown 2 Earthの二人に会えて、アナログにサインしてもらったりしたなぁ。懐かしい思い出です。。

m-floとか好きな人なら知ってると思うけど、毎月アーティマージュが発行している「SAMPLING」というフリーマガジンがあるんですけど、それに付いてるCDに未発表音源とかがノンストップで収録されてたりするんです。
CD付きはすぐになくなってしまうので、それ聴きたさに必死で探したりしたもんです。。
(地味にそういうことしてる時代もあった)

で、このRemixはアルバムのタイトル曲でもある「Be Mine」のハウスバージョンです。
これでfeatureされてるMarc Sextonという人は名前を見てもわかるように、おなじみMelodie Sextonの弟さんだったか息子さんだったかでした。
Remixとしては聴きやすいボーカルハウスって感じですね。GTSが好きな人は好きだろうなっていう感じです。R&Bが原曲のハウスってBPMがかなり速くなるので、ボーカルにスピード感が出て疾走感がいいですよね。

のちにこの「Be Mine」はEXILE・LISA・倖田來未+Down 2 EarthによるまさにYamakiファミリーによるプロジェクトでセルフカバーされ、EXILEのアルバムにも収録されているので、聴いたことある人は多いかもしれません。


「Be Mine」 99% Radio Allstars


「EXILE ENTERTAINMENT」 EXILE

D2Eのアルバムについてもまた別のときに紹介したいと思います。
ハウスではないけど、買って損はない名盤です。





by めい | J-Remix | 02:46 | トップへ戻る |