スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大阪ライブダイジェスト

    • 2018.10.02 Tuesday
    • 00:23

    大阪ライブのダイジェストアップしました!

    10周年にふさわしく、新旧ナンバーをたっぷりお届けしました!

    たくさん集まってくれてありがとうございました!

     

    当日の熱気が伝わるかな〜?

    また改めて記事アップします♪

     

    https://www.youtube.com/watch?v=lO5sRL5i35g

     

    チェンジリング

    • 2012.05.20 Sunday
    • 22:38


    チェンジリング (2009)

    クリント・イーストウッド監督
    アンジェリーナ・ジョリー主演


    とても悲しくて重い話だったけど、目が離せなかった。
    実話をもとにした社会派サスペンス。
    アンジーが地味なメイクで好演。

    ★★★★★





    あるスキャンダルの覚え書き

    • 2011.02.18 Friday
    • 00:07



    あるスキャンダルの覚え書き (2007)

    サイコサスペンス。
    「リプリー」×「ルームメイト」×「ストーカー」的な狂気と嫉妬を描いてます。
    初老の真面目なベテラン女教師と若い女教師の間に芽生えた友情が、ある出来事をきっかけに思わぬ方向へと展開していきます。

    前述の作品のテイストがスキな人にはオススメですが、かなりイッちゃってる感じ。
    人が死ぬことがないのが救いでした。精神的に追いつめられていく怖さがあります。。
    尺もちょうどよい長さで◎



    ジャンル: サスペンス
    評価: ★★★★★
    時間: 92分




    ゆりかごを揺らす手

    • 2011.01.13 Thursday
    • 01:23
     

    ゆりかごを揺らす手 (1992)

    これは前から見ようと思っていて見ていなかったのでやっと見ました。
    復讐のために女性がベビーシッターとして主人公に近づいて次第に追いつめていくというサスペンス。
    一見温和でいい人を装って近づくというコワイパターンですが、クレイジーな犯人が登場するサスペンスを多く見ているせいか、夫を自殺に追いやった人物への復讐というのがすごくまともに思えてしまう。
    平和な日常がどんどん壊れていく様は見ていて怖いです。

    クライマックスではお約束の、屋敷の中で犯人と主人公の攻防が繰り広げられます。
    特に血しぶきが飛び散るということもなく、二時間サスペンスくらいの気軽な感じで見れるサスペンス。
    あと1枚何かっていうときにどうぞ。


    ジャンル: サスペンス
    評価: ★★★★
    時間: 111分

    バタフライ・エフェクト

    • 2011.01.10 Monday
    • 21:20
     

    バタフライ・エフェクト (2004)

    年末年始にみた映画を書いていこうと思います。
    基本サスペンス中心なのですが、これはけっこう有名?

    ちょっとタイトルから内容がまったくイメージできないんだけど、過去にタイムスリップできる特殊な能力を持った主人公が少年時代に戻って周りの人々を助けたはずが、現代に戻ると必ず誰かが不幸になっているという映画です。

    その描写もけっこうシリアスというか、笑えないものが多くて、むやみに過去を変えるととんでもないことになるという皮肉な内容です。ドラえもんのエピソードとかにありそうな。
    まぁそれでいてラブストーリーを軸にしているので、キャッチコピーの“あまりにも切ないハッピーエンド”というのは見て納得。
    ほんとに胸がしめつけられるような、でもしょうがないよなぁ〜と思わざるをえない結末でした。

    監督と脚本が「デッドコースター」の人らしい。なるほど。ちょっと世界が似てる。
    「デッドコースター」(「ファイナルデスティネーション」)はずっと昔に書きましたが、運命によって死が連鎖していくというサスペンスホラー映画です。

    この作品は「時をかける少女」に「世にも奇妙な物語」の要素を足した感じといったところですかね。
    笑える場面はないので、サスペンス色が濃いかな。
    序盤はちょっと展開が唐突なところあるので、前もって設定などを理解してから観るのがいいと思います。

    ちなみに少年によるやや過激な暴力描写があるためPG-12です。

    主人公の人どこかで見たことあるなあと思ったら「ベガスの恋に勝つルール」でキャメロン・ディアスの相手役を演じた人でした。


    ジャンル: サスペンス
    主演: アシュトン・カッチャー
    評価: ★★★★
    時間: 114分
















    パニック・フライト

    • 2009.06.29 Monday
    • 12:24

    パニック・フライト (2005年)


    ジョディ・フォスターの「フライト・プラン」とかぶるけど、あれはイタい母親の暴走劇で、こっちはもうちょっと心理戦(かな?)。

    まぁ作品的にはあっちはメジャーでこっちはB級なんだけど。
    (ちょうど時期も同じ)

    前半は機内での会話がメインで展開するけど、後半はもうフライトじゃなくなってます(笑)

    まぁこれを通常のサスペンスとして鑑賞してはいけません。
    だって監督がウェス・クレイヴンですよ??

    そう考えると納得。

    後半の主人公と犯人の戦いは「スクリーム」のラストシーンそのもの(笑)

    主人公(←美人)が勇敢に戦う姿はまさに「スクリーム」のシドニーでした☆

    なんか、前半のテロリストの暗殺計画とか結局どうでもよくて、
    要はこういうラストの密室でのハラハラドキドキガールズアクションを相変わらず見せたい人なんだろうなと思いました。

    (犯人の隠れ方とか応戦の仕方がスクリームと同じ笑)

    でもクレイヴン監督好きだから★5つ


    ちなみに原題のRed Eyeは夜間便という意味があるらしいですが、ジョディ・フォスターがキレて暴走しまくる「フライト・プラン」の方がある意味「パニック・フライト」な気が…


    恋におぼれて

    • 2009.06.01 Monday
    • 02:10
    ファイル0003.jpg

    メグ・ライアン主演の「恋におぼれて」をみました。

    恋人にふられた男が元カノと新しい彼氏との同棲生活をストーキングしていると、その彼氏の前の恋人(=メグ・ライアン)が現れ、元恋人同士が手を組んであの手この手で別れさせようとするラブコメディです。

    一見痛々しいだけなんだけど、一途なメグ・ライアンがかわいいです。だんだん怖くなるけど。現実世界では女性の方が過去の恋愛は引きずらないものですけどね。

    実際こんな人がいたら相当怖いです。まぁ映画なのでおもしろおかしく描かれていますが。


    元恋人同士ということでこんな曲を。




    What It's Like To Be Me / Britney Spears & Justin Timberlake

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM