Move on

  • 2018.02.12 Monday
  • 01:29

一昨年の記事で初期のカバーデモ「Thinking of you」をサンクラにアップして紹介したのですが、

そのあとに秘蔵音源第二弾を予告しておきながら、もちろん実際にはアップしてTwitterなどではシェアしていましたがblogには記事を書いていなかったので、いまさらですが書いておきたいと思います。

 

あのあと間もなくアップしていたのがこちら。

CT24時代の代表曲といってもいいですね。

「Move on」という曲です。

 

 

Yookijaとはまず最初に「Thinking of you」でカバーを作り、次にYookijaのオリジナルで持ち歌だった「抱いてあげるわ」というバラード曲のハウスバージョンを作って、という感じで段階をふみながら手探りで制作を進めていきました。(慎重派)

 

そして三作目にして初めて作ったオリジナル作品がこの「Move on」です。

とはいってもオリジナルは四つ打ちではなくミディアムチューンでした。

それをRemixという形でハウスにしたのがこのバージョンです。

 

この「Move on」という楽曲を、当時どういう流れで作っていたかほとんど記憶にありませんが、このハウスバージョンは大阪でA Hundred Birdsのプレイヤーのみなさんに協力いただき、ベース、パーカッション、ドラムなどをレコーディングしたのをおぼえています。

 

リリースしようと思ってけっこう力を入れていたんですよね。

結局当時はライブ中心の活動になってしまって、リリースは後回しになっていました。音源自体はフリーでかなり配っていたのでもしかしたら持っている人今でもいるかなぁ、、、?

 

そんなCeiling Touchの成り立ちを語る上では外すことのできない記念すべき楽曲です。

 

 

 

【新曲】Shiki feat. Monchi (Music Video)

  • 2018.02.05 Monday
  • 23:30

「Shinin'」に続いてMonchiがボーカルを務める新曲です。

順番でいうと、昨年公開したMVの第三弾にあたります。

 

それまで難解でこじらせた四つ打ちラブソングばかり歌ってもらっていたので、申し訳なさもあり、1曲くらい末永く歌い続けられるような、そんな曲を作ろうと思い作ったのがこの「Shiki」です。

 

その名のとおり「四季」をテーマに、1年を通して人との出会いや別れを歌った内容となっていて、もちろんMonchi本人もすごくこの曲を気に入ってくれましたが、僕にとってもとても大切な1曲となりました。

 

レコーディングも時間をかけてじっくり歌いこんでくれて、サウンドはピアノとアコギをベースに、一応ミディアムな四つ打ちにはなってますが、アコースティックでも聴けるくらいの仕上がりとなっております。

 

歌詞にも四季折々の情景が浮かぶようなワードが散りばめらており、同様にMVでも長年住んでいた目黒川の景色を1年がかりで撮影したものになっています。

 

名物の目黒川沿いの桜並木はもちろん、セミが鳴く中青々と木が生い茂る夏の目黒川、枯れ葉が舞う秋の目黒川、そして今年は記録的な大雪を記録した東京都内でしたがここ2年ほどは数回しか雪が降らず、

貴重な雪が舞う真冬の目黒川、と春夏秋冬どの季節をとっても情緒ある目黒川の風景とともに、大切な人を心に想いながらぜひ聴いてください。

(歌詞も入っております)

 

なお、MVに登場する女性は「Darlin'」を歌ったMaricoがカメオ出演してくれています。

女性はメイクでずいぶん雰囲気がかわりますね(^^;)

 

 

 

【新曲】Shinin' feat. Monchi (Music Video)

  • 2018.02.05 Monday
  • 12:03

昨年公開したMusic Video第4弾にあたりますが、

Ceiling Touch M「Shinin' feat. Monchi」のMusic Videoです。

 

この曲はMVを公開する前にSoundcloudですでに前の年にはアップしていたので、一連の新曲の中では一番最初に公開していたことになります。

 

Monchiは2009年から僕の曲を歌ってくれています。

Monchiとの活動をさらっとおさらいすると、

 

これまでに

 

「KEEP STRONG」(2009)

「BYE MY GIRL」(2010)

「LOVE in the CLUBHOUSE」(2010)

「loneliness loneliness」(2011)

 

の4曲をWasabeatからデジタルシングルをリリースしました。

(残念ながら昨年Wasabeatのサービスが終了したためこれらの配信も終了いたしました泣)

 

第1弾の「KEEP STRONG」はWasabeatのメジャーハウスチャートで数週に渡って1位を記録し、総合チャートでも上位をマークしました。

 

また、J-WAVEの番組企画でもOA権を獲得した上、その週の最優秀楽曲に選ばれたほど、かなり反響がありました。

 

続く「BYE MY GIRL」もまたまたメジャーハウスチャートで1位を記録し、累計では「KEEP STRONG」を上回るDL数を記録しました。これは自分でもとても意外でした。

 

その後2曲リリースし、そこから活動自体途絶えていましたが、もともとは2012年にリリース予定だったのがこの「Shinin'」です。

 

レコーディングもその頃に七割くらい終えていましたが、制作が滞ってしまい、2015年頃にようやく制作を再開し、そのころいったんの完成形となりました。

(その間2013年にMonchi×imalinでリリースされた「Cloudy Later Rain」で作詞とレコーディングなどで携わっております)

 

そして現在Ceiling Touch Mという個人プロジェクトを始動させた関係で便宜上feat. Monchiとなりましたが、それまでの世界観は引き継がれています。

 

Youtubeには「こじらせ男子を工事出荷状態に戻すラブソング」なんて冗談めかしたサブタイトルを掲げていますが、あながち間違いでもなく、

歌詞だけ読むと相当こじらせた内容となっております笑

 

制作期間が相当あったので、細かい遊び心があったり、コーラスもふんだんに遊んでたりといろいろ作り込んでいるので、そんなところも注目して聴いてみてくださいね。

 

MVはもともと作る予定ではなかったため、サビでは僕が渋谷の街を歩いてるシーンが使われております。

 

 

【新曲】Starlight feat. Makoto (Music Video)

  • 2018.02.04 Sunday
  • 22:44

1年ほどあいてしまいましたが今年はCeiling Touchデビュー10周年という記念すべきアニバーサリーイヤーなのでマメに更新していこうと思います!

 

 

昨今はSNSが主流なのでTwitterやFacebookで日々情報を発信しておりますが、blogもインターネット上では重要なコンテンツですしね、ググったときにやはりblogの記事が真っ先にヒットしますから、ちゃんと記事を書いておきたいと思います。

 

 

2008年メジャーデビューですから、いやぁ10年ってあっという間ですね。

(インディーズデビューは2007年になるのかな?)

 

 

そんなCeiling Touchは2012年頃から活動休止しておりますが、昨年2月に一夜限りの復活と銘打って一度だけLIVEをしました。

またそれも後日書きたいと思います。

 

 

まずは、昨年ですが2017年に公開した新曲Music Video第2弾です。

 

昨年はリリースこそなかったものの、Youtubeで新曲のMusic Videoをなんと4本もアップしたんですね。

 

いまや音楽もインターネットで聴く時代。

 

Youtubeで済ませる人も多いと思います。音楽を発信する側としてはやはりちゃんと購入して聴いてもらいたいという想いはあるんですけどね、やはり時代の波にはさからえません。

 

 

ということで僕もいったん新曲をそれまで試みたことがなかったMusic Video(昔風に言うとPV)で初公開する、という新たなチャレンジをしてみたのです。

 

 

そう、昔はPVって言ってたけどいまってMVなんですよね。

 

昔はあくまでプロモーション用として作られていたので販売するのはある程度たまってから出すみたいな、あくまで後出し的なアイテムだったのですが、ここ数年はシングルにそのままDVDでつけるのが当たり前となってきましたから、つまり最初から販売目的で作るようになったので、PVではなくMVという呼称に変化したのかな、なんてことを考えたりしました笑

 

 

 

まぁそんなことはおいておいて。

Ceiling Touchの話に戻します。

 

 

Ceiling Touch M「Starlight feat. Makoto」

 

渾身の胸キュンキラキラHOUSEになっております!

 

もともと楽曲が先に出来上がっており、誰に歌ってもらおうか、と考えていたところ、かねてよりその声に惚れ込んでいた誠さんに思い切ってオファーしたところ快諾いただき、本人も初挑戦となる四つ打ち作品でした。

 

 

 

誠さんにとってもここまでにPOPな楽曲は初めてだったみたいで、当初は自身のイメージとのギャップからか苦戦されていましたが、いざ歌ってみるとそんな不安も吹き飛ぶくらい、ばっちりキラキラHOUSEを歌いこなしてくれました。

 

 

最高に胸キュンなキラーチューンになったと思います。

 

 

 

MVは首都高の景色をメインに、夜の汐留や早朝の銀座で撮影しております。

 

サムネ、TIFFANYとうまい鮨〜のギャップがこれぞ日本!って感じで趣あります笑

 

 

 

【新曲】Darlin' feat. Marico (Music Video)

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 00:49
Ceiling Touch M名義となる新曲「Darlin' feat. Marico」のMusic Videoを公開いたしました。

コーラスにはなんと、あの、Yookijaが全面参加してくれています。


発売はまだ未定ですが、そのへんにも注目して聴いてみてください♪



PREPPY FLAVOR LINE

  • 2016.06.29 Wednesday
  • 23:20

しばらく間があいてしまいましたが、最近はアルバムの制作に日々取り組んでおります。

今回はこれまでの未発売作品+Remix作品+新作というMAY24的コレクションアルバムになるのですが、
構想から約2年…紆余曲折を経てだいぶゴールが見えてきました(^^;;(おそっ)

さて、そんなな中、現在Soundcloudにて未発表音源、未発売音源をアップしています。

一部無料ダウンロード可能な曲もあるのでぜひチェックしてみてください(^^)


まずはこちら。

幻のリリース音源と言われたCeiling Touchの「PREPPY FLAVOR LINE」を現在アップしております。

2007年に中塚武さんによる監修のコンピレーション「GROOVY SAUCE COLLECTION 07AW」でアナログのみリリースされ完売、現在入手不可能、
翌年発売のCeiling Touchのアルバムにも未収録、そしてYouTubeにもこの曲は上げていなかったので長らく試聴すらできない本当に幻の作品でしたが、
9年(!)の歳月を経て、こちらFREE DL可となっておりますので、よかったら聴いてやってください(^^)

コテコテの歌モノではないですが、哀愁HOUSEです。

今後未発表作品を順次アップしてまいりますのでちょっと懐かしい気分になってもらえたら嬉しいです(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

「into U kiss」全曲解説

  • 2008.08.16 Saturday
  • 23:52


YookijaとMAY24によるアルバム全曲解説です。
全曲試聴はこちら

DEBUT ALBUM 「into U kiss」
8月20日発売
全11曲収録
2,800円/COCP-35129



01. into U
02. Spirit in high (「GROOVY SAUCE COLLECTION'07S/S」収録)
03. Romance...
04. KISS ME (ハウステンボス“光の街2007”CMソング)
05. 美
06. Don't
07. Roll Over
08. Simple Time
09. PURE RIVER
10. Contemporary florals
11. Trust Myself



01. into U

MySpaceでCTをたくさんの人に知ってもらえるきっかけになった曲です。
“切なFUNKY”がテーマで、CTらしいアッパーチューンになりました◎ (MAY24)
■テーマ: 恋愛
三部続く、切ない恋物語の第一弾。
別れが来るのを感じ取っている時間や別れがやって来た時、別れた後の切ない気持ちを歌っています。 (Yookija)


02. Spirit in high

■CTとしては初の全編英語詞の曲です。「GROOVY SAUCE」のアナログに収録されたのでこれでCTを知った人も多いと思います。
これは単純にBOSSA HOUSEを作りたくて作った曲。アナログとは少しバージョンが違います。
数少ないピアノメインの曲。ピアノ弾きなのに(笑)
この曲から「KISS ME」まではベースにA Hundred Birdsから角谷光敏(カドヤン)氏を迎えています。 (MAY24)
■テーマ: 向上心・信念
時として、誰もが自分一人で立ち向かわなければいけない何かと遭遇する。
落ち込んだり、悩んだりすることがあっても必ずしも、独りではないということを歌っています。
日々、色々な事を繰り返し生きていく中で、成長し続けたい願いを込めて。 (Yookija)


03. Romance... 

■今回の収録曲で一番古い曲です。作った順番では「Trust Myself」だけど、あっちはリアレンジして歌もとりなおしているので、
そういう意味ではこれがもっとも古いです。
メランコリックなアコギと哀愁漂うピアノ、そしてFUNKYなギターのカッティング…という盛り沢山な1曲です(笑) (MAY24)
■テーマ: Sex・高揚感
男女のSexは人それぞれの楽しみ方がありますが、その一瞬一瞬を捉えた世界。
Sexしたいということに理由なんて要らない、ただその感情をストレートに表した歌です。 (Yookija)


04. KISS ME

ハウステンボスのCMに使われた、もはやCTの代表曲と言える曲。
もともとは、流行りにのっかってピアノのイントロで始まる胸キュンHOUSEを作ろうと思って軽い気持ちで作っただけだったのが、
こんなにも支持されると思わなかったという(笑)それまでにない、夏らしい爽やかな曲になりました◎ (MAY24)
■テーマ: 夏の恋
三部作の第二弾。
夏が来るたびに、思い出しちゃうようなとびきり煌めいて、切ない物語。
海と夕日が似合うそんな歌。 (Yookija)


05. 美

■ちょっとHOUSEを離れてみようと思って作った1曲。
LIVEでやる機会も少ないんだけどけっこう根強い人気があったりします(笑)
ドラムンベース的アプローチで疾走感を出してみました。 (MAY24)
■テーマ: 鳥・羽ばたき
鳥が飛び立つその瞬間が美しい様に、どんな悲しみも自分の羽に変えて飛び立てる強い心は美しい。
どんな事にも立ち向かう心を「美」と捉え、追求して行く喜びを歌っています。  (Yookija)


06. Don't

■アルバム書き下ろしの新曲です。
「into U」「KISS ME」と続く三部作にしようと思って作ったけど、サウンドはどちらかというと「Romance...」の続編のような感じになってしまった(笑)
これまた切なFUNKYなCTらしい1曲になりました。たぶんこういう曲はCTにしかできないだろうなぁと思います(笑)
ギターに山口隆志氏(ryohei, faith他)、コーラスには僕がプロデュースを手がけているシンガーのami saikiが参加しています。 (MAY24)
■テーマ: 失恋
三部作のラスト。
まだ、好きなのにどうして?な、気持ちを歌っています。 (Yookija)


07. Roll Over

A Hundred Birdsに提供した「ALWAYS BE...」をサンプリングして、そこにさらに原型となった僕の原曲「Just Give Me Up」と、
ユキジャによる新たな書き下ろし部分をMIXして出来上がったのが「Roll Over」です。
1曲の中に3曲が存在しているという、本当にわかる人にしかわからないネタなんですけど、歌詞カードに記載されていないブレイク部分のパートはその「Just Give Me Up」のAメロを歌っています。
サウンドはちょっとトライバル的な、ハードなCTにしてみました。 (MAY24)
■テーマ: 3つの融合・そして次へ
恋愛が終わると悲しくってどうしようもなくなるけど、キレイさっぱり次へ向かっていける自分が好き。
そんなことより、次!次!ってまるで蝶のようにふわふわ飛んでいくわって感じです。(Yookija)


08. Simple Time

■そばにある大切な時間!!!!!
アルバム書き下ろしの新曲。これは「Trust Myself」や「Roll Over」のような、攻撃的でハードなCTをもっと見せたいと思って作りました。
一度フロアでかけて、あぁもうこれはやべーかっこいいなーって思いました(笑)
ちなみにこれまで四つ打ちの曲はすべてBPMを127で統一していたのですが、これと「PURE RIVER」は128に上がっています。このままちょっとずつ上がっていくのか?とささやかれていますがそれは秘密です(笑) あ、これ読んだDJさん得したね! (MAY24)
■テーマ: 平生(ひごろ)
日常的な事、当たり前の事の中にたくさん学ぶことがあります。
身近なもの、自然の中にある素敵な時間は誰もが平等に持っている時間です。 (Yookija)


09. PURE RIVER
■これも書き下ろし。もうこれはもろ「KISS ME」路線です、はい(笑)
期待に応えるべく作りました(笑) まぁこういう曲も普通に作れますよぼくたち、っていうところをアピール(笑) もうとにかくHAPPYオーラ全開でこれぞ胸キュン!みたいな(笑) (MAY24)
■テーマ: 無垢な愛情
ある意味アルバムの中で「Romnce...」とこの曲だけが、両想いのラヴラヴなんじゃないかしら?
愛される幸せ、無垢な気持ちを歌っています。 (Yookija)


10. Contemporary florals

■これも新曲です。HOUSEばかりが占めているので、1曲くらいクールダウンの曲も必要かなと思ってシンプルなのを作ってみました。
ピアノとギターとドラムと歌だけ。みたいな。結果的にアルバムとしてのバランスがとてもよくなりました。 (MAY24)
■テーマ: おばあちゃん
意外でしょう?
ユキジャのおばあちゃんは17歳で韓国から日本に来ました。
おばあちゃんの村は焼き払われて、おばあちゃんのお母さんは銃で後ろから撃たれて亡くなりました。
あたし達はこの時代に、日本で生まれて、生きている事をもっと感謝して、
昔の出来事をずっと忘れてはいけないと思い、歌にしました。 (Yookija)


11. Trust Myself

■曲としてはもっとも古い曲でこの曲をライブでやらなかった日はないというくらい定番中の定番となっている曲です。
今回はアルバム収録にあたって、リアレンジして、ボーカルもとりなおしています。
よりアッパーで、ROCKな仕上がりになりました。これぞCT!と言える曲です。 (MAY24)
■テーマ: 勇気・心の開拓
タイトルのまんまです。
自分を見失いがちな人って結構いるし、自分のモチベーションを保てない時とかにこそ自分を見つめなおして、信じてあげること。
そんな、ナチュラルな事がとっても人生には大切なことなんだと思うから。 (Yookija)


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM