スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    バタフライ・エフェクト

    • 2011.01.10 Monday
    • 21:20
     

    バタフライ・エフェクト (2004)

    年末年始にみた映画を書いていこうと思います。
    基本サスペンス中心なのですが、これはけっこう有名?

    ちょっとタイトルから内容がまったくイメージできないんだけど、過去にタイムスリップできる特殊な能力を持った主人公が少年時代に戻って周りの人々を助けたはずが、現代に戻ると必ず誰かが不幸になっているという映画です。

    その描写もけっこうシリアスというか、笑えないものが多くて、むやみに過去を変えるととんでもないことになるという皮肉な内容です。ドラえもんのエピソードとかにありそうな。
    まぁそれでいてラブストーリーを軸にしているので、キャッチコピーの“あまりにも切ないハッピーエンド”というのは見て納得。
    ほんとに胸がしめつけられるような、でもしょうがないよなぁ〜と思わざるをえない結末でした。

    監督と脚本が「デッドコースター」の人らしい。なるほど。ちょっと世界が似てる。
    「デッドコースター」(「ファイナルデスティネーション」)はずっと昔に書きましたが、運命によって死が連鎖していくというサスペンスホラー映画です。

    この作品は「時をかける少女」に「世にも奇妙な物語」の要素を足した感じといったところですかね。
    笑える場面はないので、サスペンス色が濃いかな。
    序盤はちょっと展開が唐突なところあるので、前もって設定などを理解してから観るのがいいと思います。

    ちなみに少年によるやや過激な暴力描写があるためPG-12です。

    主人公の人どこかで見たことあるなあと思ったら「ベガスの恋に勝つルール」でキャメロン・ディアスの相手役を演じた人でした。


    ジャンル: サスペンス
    主演: アシュトン・カッチャー
    評価: ★★★★
    時間: 114分
















    スポンサーサイト

    • 2018.12.18 Tuesday
    • 21:20
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM