Ceiling Touch Mのアルバム

  • 2018.02.28 Wednesday
  • 22:28

構想に3年くらいかかった今回のCeiling Touch Mのアルバムですが、今回の企画について少しお話したいと思います。

 

Ceiling Touch M

「more I get more I want」

 

2018.3.14 RELEASE

 

 

当初はMonchiを始めとする、男性ボーカルを中心にしたコレクションアルバムとして進めていたのですが、コンピレーションという体裁にすると異なるアーティストが混在してイメージにバラつきが出てしまうので、

もう少し僕個人の色を強く出したいと思い、それならMAY24でもいいのですが、やはりMAY24といえばCeiling Touchという看板は外せないということになり、じゃあCeiling Touchなんちゃらっていうセカンドライン的な名義にしようかとなり、「Ceiling Touch M」という名前が生まれました。

 

そう、MAY24の「M」ですね。

 

でもこれも後付けで、もともとは男性ボーカルの作品集というコンセプトだったのでMensの「M」、

そして参加ボーカリストも、Monchi、Makoto、Makino Ryutaro、Matsufuji Ryoheiと全員がM!

(ついでに舞音もM!笑)

 

なんという奇跡!

 

はい、実は「Moon Talk」と「Star Jewel」も収録予定でしたが、残念ながら今回は収録を見送らせていただきました。すみません。

 

そしてジャケットモデルをお願いしたのもMaricoだったので、奇跡的にMが集まってしまったため、男性ボーカル縛りを返上し、Maricoも急遽参加することになりました笑

Mなら歌うっきゃないでしょ〜〜!!というごくごく単純な理由でした。

もし彼女がユウコとかエミとかリサとかだったらこのアルバムでは歌っていなかったと思います。

 

MAY24のM

Mens(Maleでもいいな)のM

全員のイニシャルのM

 

そんな要素が詰まっている名前です。

 

そして、小休止中のCeiling Touchの次に繋がる中間地点というMiddle的な意味合いも持たせています。

 

 

今回収録の半分以上を占めるMonchiの楽曲の多くはWasabeatで過去に配信していたものの、昨年Wasabeatのサービスが終了してしまい現在は入手不可能となってしまったこともあり、これを機に一般の流通に乗せたいという想いもありました。

 

Makotoの歌う「Starlight」も今回のアルバムを決める前からすでに制作していた作品だったのでそれらをいいタイミングでうまく出せたらいいなぁ〜と構想を練って、このアルバムの計画に至った次第です。

 

サウンドはもちろんCeiling Touchの路線を踏襲する四つ打ちなのですが、Ceiling TouchはYookijaのメロや歌詞の世界観で形成されているのに対し、Ceiling Touch Mは僕のメロディと歌詞で出来上がっているので、かなりMAY24色の濃い内容になっています笑

 

なのでCeiling TouchよりはかなりPOP寄りになっているかな?

 

 

次回は収録曲についてひとつずつ紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM