スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Rise&Fall

    • 2008.04.29 Tuesday
    • 01:53

    Rise&Fall (King Of Soul Remix) / Craig David
    (2003)


    泣く子も黙るCraig David!Japaneseじゃないですけどね。
    2stepの貴公子として鮮烈なデビューを飾ったCraigの2ndアルバムに収録されたStingとのコラボ曲です。
    名曲のおなじみギターのフレーズをモチーフにしてCraigが新たに書き下ろした曲をStingと一緒に歌っています。

    このRemixはのちにリカットされたシングルに収録されています。MJ COLEによるRemix(2stepではなくハウス)も収録されてますが、僕はこちらの方が断然好きです。

    オリジナルのギターのリフはまったく出てきませんが、イントロのギターのカッティングで秒殺されちゃう系です。全体的に非常に無駄のないスムースなボーカルハウスに仕上がっております。R&B系のハウスRemixってシンプルに聴かせるものが多いですね。でも綺麗にまとまるわけではなく、やっぱりそこにグルーヴがあるんですよね。そこがやっぱり日本人と違ってすごいと思います。

    マキシシングルは国内盤も発売されているのでぜひ探してみてください。


    Album「SLICKER THAN YOUR AVERAGE」

    Perfume

    • 2008.04.17 Thursday
    • 03:39

    Perfume / 名取香り
    (2006)  

    時期的にPerfumeのニューアルバムかと思わせて残念ながらそうではないです。

    名取香りの1stアルバム。
    「Player」「Darling」あたりのシングルがハウスだったので、当時は新しいハウスディーバの登場かと思ったけど、アルバム聴く限りそういうわけでもなかったようです。。

    そもそも日本にハウスディーバっていんの??AKとかTomomi Ukumoriあたり??
    意外とハウスにこだわっているソロシンガーってまだいないよね。やはりLori Fineの一人勝ちか……LoriはCOLDFEETだしなぁ…
    う〜〜んこの人も時代がほんのちょっと早かったのかなあ?(上のシングルが2005年リリース)いまならもっと注目されてもいいと思うんだけど……

    なので2006年にリリースされたこの1stアルバムは結果的にハウスにとどまらずR&Bからバラードまで楽曲の幅広さをアピール。なんかそれがかえってつまらなくしている感じもするんですけどね。あくまで個人的感想です。
    Nao ymtとかも参加していて、1曲1曲はいいんだけど、アルバムとしてはもう少しハウス的アプローチを期待してました。

    特に「Player」が秀逸な曲過ぎたので。
    作詞は本人、作曲とアレンジはそれぞれ別々の人なんだけど、三者がすごくうまくマッチしていて、ひとつになれてる気がします。これぞ職人芸ですね。

    クラブ系の曲ってだいたい作曲とアレンジは同じ人が手がけるのが多いと思うんですけど、まぁそれがいちばんやりやすいと思うし、自分以外の人が作った曲をアレンジだけ手がけるのってけっこう難しい気がするんですよね。僕は少なくともニガテ。
    Remixもいわゆるそれと同じだと思うけど、RemixはどちらかというとRemixer側に委ねられるのに対して、アレンジは作曲者や歌い手を無視してできないですからね〜。
    職人というよりはアーティスト気質な自分には合わない作業ですね。

    んでこの「Player」はラテンハウスな味付けなんだけども、クラブ過ぎず、ポップ過ぎず、絶妙なバランスで出来上がってる曲だと思います。FreeTEMPOやJazztronikあたりが好きな人ならツボなんじゃないかな?
    アレンジを手がけている松井寛氏はけっこう古くから活躍されているベテラン作曲・編曲家のかたですが、このテのハウスアレンジがうまかったりする。バックグラウンドを知らないのでそのへんが気になるところですが。。

    「Darling」や「ROMEO」より「Player」がいちばん完成度が高いと思いますね。やはりメロディメーカーによるところが大きいのかな?

    ただ、フェイドアウトがかなり無理矢理な感じがして残念です。おそらく本来は最後までちゃんとあったんだろうな…


    WISEやNao ymt(女の人と勝手に思ってたら男だったのね)参加の曲はわりと本格的な和製R&Bだけど、ハウス系楽曲と対象的過ぎて、同じアルバムに共存するのはちょっと違和感。

    個人的にはハウス楽曲の方が断然好きですが、彼女のボーカルはRB系の方が合ってる気がしなくもなかったり……

    ハウスじゃないけど「Goodbye feat.Nao ymt」なんかはすごく好きです。こないだ書いたDown 2 Earthに曲の雰囲気とかがすごく近いです。

    しかもNao ymtさんて歌うんですね。それがまためっちゃ甘いボーカルで耳にスッとなじむ感じです。Craig DavidとかR KellyとかR&Bは基本男性ボーカルものが好きなんですけど、この人の声はかなり好きです。

    でもってこの人の作る音って、安室ちゃんのときに思ったけど、なんかシンプルで無駄がなくてスキがない感じ。歌まで歌えちゃうなんてスゴイですね。

    でも耳に飛び込む印象としては「Player」のインパクトとかの方がやっぱり強いかなあ。RB一色だと目新しさもないしねぇ。雰囲気やポジション的にSoweluあたりとかぶる気も。

    「Lovespace」でFreeTEMPO Remixがあるあたり、ハウス寄りでいきたいのかな??

    次回ハウスでいく際はCeiling Touchプロデュースでいかがでしょう??(笑)

    いい歌書きますよ(^o^)


    ※ラストに入っている「Reprise Goodbye」は同曲を部屋で聴きながら曲の自分の声に合わせてかなーりアンニュイに名取香りが口ずさんでいるときに携帯がかかってきて、恋人との会話をけだる〜〜く繰り広げるという1分程度のinterludeです。

    隠し撮りっぽくてやけに生々しいです。。

    Every night, Every time

    • 2008.04.12 Saturday
    • 03:22

    Every night, Every time [Groove That Soul Mix] / STEEL
    Remixed by GTS

    (2002)


    男性二人組つながりで、そういえばこんなユニットあったなぁというのを。
    CHEMISTRYを輩出したASAYANオーディション出身のネスミス君と柏原崇の弟でもある柏原収史によるユニットのアルバムに収録された同名シングルのRemixです。

    ネスミス君は最近再結成?したJ Soul Brothersのメインボーカルみたいになってましたね。CHEMISTRYとEXILE&ネスミス君の構図ができあがりました。

    まぁそんなことはわりとどうでもいいんですけど(どっちかというとCHEMISTRYが好きです)、これは原曲もわりとダンサブルな曲だったのをさらにちゃんとしたハウスにしたという感じです。けっこう激しめ路線ですけどね。Groove That Soul Mixもたまにこういうのがあります。

    なんとなくネタ的にひっぱってきたんですけど、曲自体はわりと普通のJ-POPで、ネスミス君のボーカルもいわゆるバンドっぽいボーカルなので、ビジュアルがおもいっきり黒人なのに、びっくりするくらい甘いボーカルです。日本人らしい甘さです。
    彼の声がハウスのバッキングに合ってるのかは若干“?”ではありますが、なんとこれに加えてMALAWI ROCKS Remixまで収録されているという根拠のわからない豪華さ。

    もともとクラブ寄りのアプローチはまったく感じられないユニットでしたが、果たしてこのアルバムを買った何人の人が、GTSとMALAWI ROCKSのRemixなんて豪華〜〜♪と思ったのかはまったくもって謎です。

    興味ある人は聴いてみてください。



    Be Mine

    • 2008.04.10 Thursday
    • 02:46


    Be Mine [ORIENTA-RHYTHM“SIGMA”MIX] / Down 2 Earth 
    Remixed by ORIENTA RHYTHM
    from 「Be Mine」 (2002)

    こないだORIENTA RHYTHMについて書いたので、今日も同じ人のをひっぱってきました。
    これはどちらかというとオリジナルアーティストのDown 2 Earthにとても思い入れがあるのですが、ボーカルとベースの2人組R&Bユニットです。
    m-floなどでおなじみのアーティマージュ所属(当時)でプロデュースはRyuichiro Yamaki氏が手がけております。

    このYamakiさんてのがすごく好きだったんですけど、日本のR&Bシーンで知る人ぞ知るプロデューサーだと思います。
    EXILEやLISA、倖田來未などけっこういろんな人を手がけていたりしますが、あまり前面に出てこない人みたいなので、名前を聞いてもピンと来ない人が多いかもしれませんが、耳にしたことがある曲とかはあると思います。
    このDown 2 EarthはYamakiさんの秘蔵っ子的プロジェクトで上質なR&B作品をけっこう作っていたのですが、アーティマージュレーベルから出た1stミニアルバムだけで残念ながら解散してしまったので今は幻のユニットになってしまいました。

    なんか、タイミングとかってのもあるのかもしれないけど、今だったらこういうスタイルのユニットとかってけっこう受け入れられると思うんですけど、ちょっと時代が早すぎたのかもしれないですね。結局1stアルバムだけで終わってしまって、すごくもったいないなぁと思います。Ceiling Touchも4、5年前だったらダメだったかもしれません。まさに今の時代だからいいのかもしれないですね。ほんと、時代の流れってよくわかんないです。また復活してくれないかなぁとひそかに期待してたりします。

    ボーカルHirokiさんの繊細でセクシーなボーカルがめちゃくちゃ好きで、日本人の男性シンガーではピカイチだと思ってます。声がいいんすよ声が。平井堅でもなくてRyoheiでもなくて、Hirokiさんなんだよなぁぁぁ。
    当時二子玉川のPink Noiseで毎月ライブがあったのでそれに通っていたこともあります(笑)Ryohei氏もよく出ていました。

    そこでYamakiさんやDown 2 Earthの二人に会えて、アナログにサインしてもらったりしたなぁ。懐かしい思い出です。。

    m-floとか好きな人なら知ってると思うけど、毎月アーティマージュが発行している「SAMPLING」というフリーマガジンがあるんですけど、それに付いてるCDに未発表音源とかがノンストップで収録されてたりするんです。
    CD付きはすぐになくなってしまうので、それ聴きたさに必死で探したりしたもんです。。

    で、このRemixはアルバムのタイトル曲でもある「Be Mine」のハウスバージョンです。
    これでfeatureされてるMarc Sextonという人は名前を見てもわかるように、おなじみMelodie Sextonの弟さんだったか息子さんだったかでした。
    Remixとしては聴きやすいボーカルハウスって感じですね。GTSが好きな人は好きだろうなっていう感じです。R&Bが原曲のハウスってBPMがかなり速くなるので、ボーカルにスピード感が出て疾走感がいいですよね。

    のちにこの「Be Mine」はEXILE・LISA・倖田來未+Down 2 EarthによるまさにYamakiファミリーによるプロジェクトでセルフカバーされ、EXILEのアルバムにも収録されているので、聴いたことある人は多いかもしれません。


    「Be Mine」 99% Radio Allstars


    「EXILE ENTERTAINMENT」 EXILE

    D2Eのアルバムについてもまた別のときに紹介したいと思います。
    ハウスではないけど、買って損はない名盤です。



     

    FANTASY

    • 2008.04.08 Tuesday
    • 22:23

    FANTASY / ERIKA
    (2007)

    エリカ様です。沢尻エリカ様。
    これは去年出たERIKA名義でのデビューシングル「FREE」のカップリングなんですけど、これ聴いてドキッとしました。

    キラキラハウスですよ。いわゆる。キラキラ☆ハウス。
    思わず、誰がプロデュース??と気になって調べてみたけれど、クラブ系の人ではなかったんですよねぇ。元気ロケッツがちょうど話題になっていた頃だったので、同じ系統の人かと思いましたが、安原兵衛さんという普通の作家さんみたいです。彼のバックグランドが気になりますね。

    まぁ元気ロケッツとPerfumeを足して割ったような感じと言えばだいたいの想像はつくと思います。メイン曲の「FREE」は♪君がいるだけで〜僕は〜っていうあの曲で、全然クラブでもハウスでもないんですけど、なんでカップリングはこんな曲なのかちょっと謎です。

    でもこの次のシングルを聴く限り、クラブポップ路線でいくわけでもないんですよね。
    まぁここまで声加工しちゃったら沢尻エリカである必要もないので、カップリングでちょっと遊んじゃいましたくらいの1曲かもしれません。むしろそうすることでよりこの曲が名曲っぽく感じるのかもしれないです。

    メインにもってくるほどの派手さはないので、さりげなく流れてきて、誰かと思って調べたら沢尻エリカの曲だった!というサプライズがいいのかも。

    んーでもこれけっこう普通にクラブ受けしそうですねぇ。





    よる☆かぜ

    • 2008.04.05 Saturday
    • 04:43

    よる☆かぜ / ケツメイシ (FPM Disco Tropicana)
    Remixed by Fantastic Plastic Machine

    (2004)

    今日も見落としがちな隠れ名Remixを紹介しちゃいますよ〜
    シングルのカップリングに密かに収録されているRemixってなにげに名作多いですよほんと。

    さてさて、これはシングル「君にBUMP」のカップリングに収録されているRemixです。
    「よる☆かぜ」自体はかなり初期のシングルなんですけどね、たぶんブレイクするより以前なんですけど、ここでこの曲のRemixを持ってきた真意がちょっと謎です。

    もしかしたらこれ以前に作られていて、たまたまこのタイミングで収録が決まったのかもしれないですね。ケツメイシのハウスRemixの中では個人的にいちばん好きです。
    FPMらしいストリングスが印象的なその名のとおりディスコライクなRemixです。
    ハウスにRAPが入ってるの好きなんですよね。というかRAPの入ってる曲がハウスにRemixされたのって好きなんですよね。

    最後はボサギターと波の音で静かに終わるので、実用には向かないかもしれませんが、ミックスCDの最後に持ってきて、小粋なサプライズとして使ってみてはいかがでしょう?

    CLUB ZIPANGU

    • 2008.04.04 Friday
    • 00:11


    CLUB ZIPANGU (ORIENTA-LATINO Remix) / R・I・N・A
    Remixed by ORIENTA RHYTHM

    (2000)

    知ってる人は知ってると思いますが、知念里奈による企画盤シングルでリッキー・マーティンのカバーです。リリースの意図が激しく謎なのはここでは触れないとして。
    日本語詞は同じリッキー・マーティンのカバーで一世を風靡した郷ひろみの♪ア・チ・チ、ア・チーを作詞した康珍化(カンチンファ)氏です。
    今回は♪スゴーイスゴーイ、です。あなたがすごいよ、カンさん・・・

    そしてRemixを担当したのがORIENTA RHYTHM。彼らもなにげに長いですよね〜〜
    GTSと同じアーティマージュでジャパニーズハウスの先駆けと言えると思います。

    王道スタイルなGTSに比べてORIENTA RHYTHMは遊び心があってスタイルもハードハウスだったり、ラテンハウスだったり、今思えばGTSとORIENTA RHYTHMは同じ人なんじゃないか?とさえ思ってしまいます。
    使う音色とかイントロの入りやFUNKYさ加減が似てるんですよね〜この2組って。僕の個人的な感想ですけど。

    で、この「CLUB ZIPANGU」ですが、もとがおふざけなのか真面目なのかそもそもわからない企画なので、とりあえずおバカなラテンハウスにしちゃいましたってな感じでネタ感満載な仕上がりです(笑)
    でも普通にまともにラテンハウスなんですけどね。ちゃんとDJユースな仕様になっています。8分30秒もある。

    いかんせん歌詞が♪スゴーイスゴーイやっぱキミスゴーイ…なもんだから、フロアでかけたらバカウケ間違いないでしょう。
    激盛りは間違いないと思うので、使った人はフロアの反応を報告願います。

    そんな知念里奈、後期に人知れず名曲がありますので、いずれ紹介したいと思います。


     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM